高尿酸血症に効くツボとは?

高尿酸血症に効くツボとは?

痛風発作を招きやすく、発作が突然おこれば歩けない立てない激痛に襲われることになる。や中もジンジンする焼けるような痛みに襲われ、寝るどころではない。

  風寒湿閉、痰痺のある人には鍼灸を、風湿熱のある人には鍼灸は適さず、病歴の長い人には灸が適しています。 足や足首の痛みには中風、崑崙、解谿、太衝などのツボ、膝の痛みには膝眼、陽陵泉、合谷などのツボ、手首の痛みには陽池、陽谷、外関、合谷などのツボ、肘の痛みには曲池、手三里、合谷などのツボ、肩の痛みには肩髃、肩貞、肩井、阿是穴などのツボが使用されることがあるようです。 治療方法は、1日1回または隔日で、30分間針を刺したままにします。慢性期は30日間、急性期は10日間を1クールとしています。

  高尿酸血症に対する鍼灸治療は、多くの患者さんに認知されています。 具体的な内容は以下の通りです。

  高尿酸血症の鍼灸治療は、太谿、合谷、足三里、関元、富陽、神門、曲池、水道などのツボで、週2回、10回程度が目安です。 また、長期的な鍼灸治療により、体調の調子を整えることも可能です。

  以上、高尿酸血症に関する情報を紹介しました。 また、詳しく知り、正しく理解することで、患者さんはより良い治療を受けることができます。 これらの病気が健康を奪うことを防ぐためには、高尿酸血症の原因を特定し、適切な薬を時間内に処方することが重要です。

痛風発作は耐え難い痛みであるので、まずはロキソニンなどで痛みそのものをコントロールすることが必要。足の置き場がなく、睡眠障害を起こすこともある。

第1趾関節の痛みが少しひいてきたら、アキレス腱やくるぶしの関節が痛くなってくるなど本当に苦しいことを経験する。

痛みそのものは関節内(第1趾関節)の炎症であるのでまずは炎症を抑える薬を処方していただいてください。

モーラステープで痛みが治まるほど甘くはないと考えていい。モーラスは腰痛なら劇的に治ることもあるが、痛風はそんな甘くない。体の内側から治す治療(投薬中心)をおすすめしたい。(経験済み)

尿酸結晶は血管を傷つけやすく、腎不全から脳梗塞まであらゆる万病を引き起こすと考えて間違いない。

腎機能を高めて早く体内から排出させてやる必要がある。

甘いものも要注意。プリン体だけ仕業かと思いきやそうではない。

尿酸値を慢性的に上昇させる食品は数限りなくある。

普段から野菜を食べ、自然食品をとろう。

安いチョコと珈琲、安アイスと熱い珈琲を飲む習慣を半年続けたら見事痛風に。

地球上から痛風発作がなくなることを願ってます。

大根おろしが尿酸値を劇的に下げるとの未確認情報を入っています。