鍼灸治療のための鍼灸器具の準備

鍼灸治療のための鍼灸器具の準備
鍼灸治療の前に、事故を防ぎ、良い結果を得るために、必要に応じて鍼のチェックとテストを行う必要があります。
鍼灸治療の前に、鍼は事故を避け、良い結果を得るために必要なチェックとテストを受けなければなりません。

鍼治療器を使用する前に、その性能、目的、使用方法をよく理解し、操作手順や注意事項を厳守する必要があります。 まず、治療操作の前に、鍼灸器に不具合がないか、出力はスムーズか、つまみの位置はすべて「○」の位置にあるかなどを確認する必要があります。

そのような正と負のノーマークとして、電気鍼灸器の出力線正と負の極を識別し、独自のテストによって判断することができます。 方法は手に握られた2つの電極である(互いに触れない)、電源を入れ、ゆっくり強度のノブを回して感じをこれまで刺激し、そしてテストがワイヤー陽性、陰性極の印でなされた後、陽性極のための強い、陰性極のための弱いのの刺激の2電極は。

最後に、ソケットやプラグ、各種コネクターがしっかりと密着しているか、各種インジケーターが点滅しているか、点滅の頻度が調整用ノブで要求されるものと同じであるかなども確認する必要があります。