鍼灸治療での気(得気)の取得

鍼灸治療での気(得気)の取得
鍼を一定の深さまで刺し、あらかじめ鍼をひねっておくことで、鍼を刺した部位に特殊な感覚や反応を生じさせるのが鍼灸のポイントです。
気」は針感とも呼ばれ、針を一定の深さで鍼に刺し、あらかじめひねっておくことで、鍼の部位に特別な感覚や反応をもたらすものです。 この感覚が現れると、患者は針の下の痛み、しびれ、腫れ、重い感覚を感じ、ある部分、ある方向に沿って広がり伝導することができ、この現象は響き(得気)とも呼ばれる。 その時、医師は重い滞留感や窮屈感の下にある針感じることができます。

霊枢-九針十二元」にあるように、「気」は針の効能に重要な影響を与える。「重要な、気への刺し方と効能のため」である。「 飄逸府」には、”気の到着が早ければ効果も早く、気の到着が遅ければ治ることもない “とあります。 いずれも、気の鍼の有無が治療効果に直接影響することを示しています。 したがって、針が催気を持っていない状態で刺鍼し、人体が催気を持っていない理由を見つける必要があります。

また均等に挿入するために実施することができ、ねじれ、また催気を促進するためにいくつかの技術を使用することができ、催気の方法は一般的に次の種類を持っています。

1)活柄催気法: 針の端に対して親指か人差し指と、針の針柄をさする必要=底からの親指、人差し指または中指の釘、または針の根を握る親指、中指、針の針柄をさする、上からの人差し指を下にする。

2)弾柄催気法:針のシャンクを指で叩いて針本体を微振動させます。 針が曲がらないようにするため、力はあまり激しくなく、周期も速すぎないようにします。

3) 提柄催気法:糸をねじるように針を内側または外側に一方向にねじる。 この方法は、ねじり方式と似ていますが、針を一方向にしかねじらず、振幅がやや大きいのが特徴です。

4)揺柄催気法:針を刺した後、柄を手に持って振ります。

5) 振戦催気法:針を刺した後、右手でハンドルを持ち、小さく速い周波数で持ち上げたり、突き刺したりする動作で針をひねる。