鍼灸治療における鍼の方向、角度、深さについて

鍼灸治療における鍼の方向、角度、深さについて
鍼の方向、角度、深さは、手術する部位の解剖学的構造、状態の必要性、体の強弱、脂肪のつき具合、使用する鍼の種類によって決定されます。
針を刺す方向、角度、深さは、手術する部位の解剖学的構造、症状の必要性、体の強さ、脂肪のつき具合、薄さ、使用する針の種類などによって決まります。

(1)方向性

鍼の方向とは、入ってきた鍼の先端を向けるポイントや部位のことです。 一般的には、以下の条件により決定される。

1) 経絡の循環に応じた方向:これは強壮と下痢の必要性に応じて方向を決めるという意味で、例えば「陰は強壮と下痢に従う」というように、経絡に刺すと強壮、経絡に逆らって刺すと下痢になるということである。

2)ツボに応じた方向性:ツボのある部位の解剖学的特徴に応じて鍼を打つ方向を決めることで、例えば背骨のツボは背骨に向かって斜めに刺し、菱形ツボは斜め上に刺すということです。

3) 病態に応じた方向:病態に応じて、針を上下に感じさせ、「気が病気に達する」ようにする必要性から方向が決定されます。

4) 治療の種類に応じた方向性:例えば、手首や足首の針は、「病気が上にあるときは上に刺し、病気が下にあるときは下に刺す」などが必要です。

(2) 角度

鍼の角度とは、鍼を刺したときの鍼本体とツボの皮膚との角度のことです。 主にツボがある部位の解剖学的特徴と治療上の必要性に基づいています。 大きく分けて3つのタイプがあります。

1) ストレート:ほとんどの顔のツボ、特に筋肉が厚いツボに対して、針本体に対して90°の角度で、垂直に皮膚を刺します。

2) 斜め刺し:皮膚に対して約45°の角度で針を刺す。ただし、直線刺しと平刺しの間の角度も含む。 骨に縁がある部分や、重要な内臓や血管があり、深く刺してはいけない部分に使用します。

3) 水平刺し、平刺しとも呼ばれ、針本体が皮膚に対して65°の角度で、または肉に密着して刺されるもの。 皮膚の浅いところにあるツボに使用します。

(3)深さ

鍼の深さは、ミリ針を鍼に刺す深さであり、以下の要素によって決定される。

1)体脂肪と痩身:強い体脂肪には深針、弱い痩身には浅針が適しています。

2)年齢:浅い針は老齢で弱った体や子供の繊細な体に適しており、深い針は体力がある若い人や中年の人に適しています。

3)条件:表面的、陽、不足、新しい病気は浅く刺すこと、内部、陰、実、長期の病気は深く刺すことが推奨される。

4)場所:頭や背中など、肉が少なく皮膚が薄いツボは浅く刺し、手足や臀部、腹部など筋肉が多い胸のツボは深く刺すことをお勧めします。

5) 治療の種類:例えば、臀部・腰部の針は深く、手首や足首の針は浅くなる傾向があります。