電気鍼法

電気鍼法
針にうまくアプローチすることで、痛みを軽減し、スムーズに針を刺すことができます。 針は通常、「刺し手」と呼ばれる右手で持ち、その役割は針の保持、操作、針の出口操作にあります。
針の入り方を工夫することで、痛みを軽減し、スムーズに針を入れることができます。一般的に針は「刺し手」と呼ばれる右手で持ち、その役割は針の保持、操作、針出しを行うことです。 持ち方は、ペンを持つように、片手の親指、人差し指、中指で針の柄を挟み、親指の指が人差し指と中指に対向するように持つ方法です。 左手は鍼を刺す部位を押さえるために切ったり、「プレッシャーハンド」と呼ばれる針体を持つことができ、その役割は鍼を刺す手を補助するために針体を保持するために鍼の位置を固定することである。 針を刺すときは、両手を合わせて操作し、密接に連携して針を完成させる必要があり、次の方法が臨床でよく使われています。

(1)片手で針を刺す方法

片手針法は、刺す手だけで鍼をツボに刺していく方法です。 右手の親指と人差し指で針の柄を持ち、中指の先をポイントに近づけ、指の腹を針本体または針本体の下端に押し当てる。 親指と人差し指で下向きに刺すと、次に中指が屈伸して、針先も素早く皮膚に刺さります。さらに、右手の親指と人差し指で針柄の下端を持ち、中指で針体を持ち、親指と人差し指の関節の屈伸運動に頼って針を経穴に刺す方法も使えます。 また、右手の親指と人差し指で針体の下端を持ち、針先を露出させ、針先をツボに合わせ、素早く刺すピンチニードル法も可能です。

(2) 両手針方式

両手で針を刺す方法、つまり左右の手で協力して針を刺す方法には、一般的に4つの方法があります。

1)指切り法は、左手の親指または人差し指、中指の爪の部分をポイントの横に押し当て、右手で針を持つ方法です。 爪を密着させ、針を皮膚に突き刺す。 実行する短い針に適しています。

2) 針を刺し、左手の親指と人差し指で滅菌した乾燥綿球を挟み、針本体の下端を持ち、針先を経穴の皮膚面に固定し、右手で針の柄を持ち針本体が垂直になるようにし、右手の指力で押しながら左手の親指と人差し指で同時に力を入れ、針を皮膚内に突き刺す。 長針の繰り出しに適しています。

3)持ち上げ、針の部位で皮膚をつまむために左手の親指と人差し指を使用して、右手はピンチの上端から針を保持し、皮膚に突き刺し、針の浅い皮膚領域に適用される針法につまむ。

4) 左手の親指と人差し指で皮膚の両脇を開いて皮膚が張るように持ち、右手で針を持ち、左手の親指と人差し指の中間から経穴に刺入するストレッチ・アプローチ。 皮膚が緩んでいる部分のツボに適しています。