鍼灸治療における経穴の位置づけ

鍼灸治療における経穴の位置づけ
ツボを正しく配置することが、鍼灸の効果を高めるポイントの一つです。 したがって、施術者は、ツボの位置の決め方や解剖学的状況に応じて、処方箋に従ってツボを取り、位置決めする必要があります。
ツボを正しく配置することは、電気鍼の効果を高めるポイントの一つです。 したがって、施術者は処方箋に従って、ツボの位置や解剖学的構造に従って、ツボを取り、固定する必要があります。

ツボの位置を特定するには、まずツボを推測すること、つまりツボの解剖学的位置を決定するために触ったり、感じたり、押したりしてツボを検出し、同時に推測を指したり押したりして局所の痛みキューを上げ、針に入る痛みを軽減し、針に入ってからの針感覚を促す準備として経絡の気の刺激を行うことが必要です。 投機方法としては、以下の方法が一般的です。

(1) プレス方式

指の先で押してツボの解剖学的位置を決定し、ツボの基本的な状態を検出する方法であり、臨床ではこの方法が最もよく用いられている。 例えば、手首から2インチ上の外関点では、まず押圧によって両者の距離を求めた後、屈曲部と尺骨の間の位置を外関点として選択する。

(2)スプリッティング方式

筋肉と足の間のツボ、血管や腱のツボには、指で前後に押してツボを切り離し、表に出す「割法」が使われます。 例えば、内関が手首の上2寸、両腱の間にある場合、医師は両腱の間の指先を埋めて痛みや腫れを感知し、左右に突いてツボを出し、血管を避けることができるのです。

(3)行使方法

ムーブメント法では、関節や筋肉の動きからツボを特定します。 一つは、関節を曲げたり伸ばしたりして、謝渓点などのツボを開く「屈伸法」、もう一つは、手足を回転させて、年金点など骨に遮られたツボを浮かび上がらせる「回転法」である。 3つ目の方法は、筋肉を押し上げて承山などのツボを出す筋弛緩法です。 触診でツボを確認した後、施術者はツボに爪で「十」の印を切って持ち上げ、ターゲットを固定して鍼を刺しやすくし、「十」の交差点に鍼先が入るので、正確で迅速な施術が可能です。 ただし、一度ポイントをロックしてしまうと、ポイントが動かないように患者さんの体の姿勢を自由に変えることはできないので注意が必要です。