電気鍼灸の患者体位

電気鍼灸の位置
鍼治療は、一般的に横臥位と座位の2つの姿勢で行われ、横臥位は仰臥位、横臥位、伏臥位に分けられ、座位は座位、横臥位、伏臥位に分けられる。
患者の体位が選択することは非常に重要であるときに電気鍼治療は、ポイントを取るために正しい体位、操作と良いか悪いかの治療効果は、いくつかの重い証拠や物理的な疲労、針や神経質の恐怖に大きな影響を与える、体位の選択は、より重要である場合、体位が適切に選択されない。 位置がずれやすく、治療効果に影響が出やすい。 体位が適切に選択されていない場合は、針の長い保持は、患者が付着することはできませんし、そのような位置を変更すると、曲がった針、停滞針、あるいは壊れた針が発生するなどの非常に不快な、また、パルス電気の刺激効果に影響を与えるだろう、弱い、神経質の人々に、位置を座ってなどの嘘の使用は、針をかすめたり、他の不快感の原因に簡単です選択すべきです。 したがって、電気鍼治療の前に、疾患部位、経穴の状況、患者の体調に応じて、快適に持続できる体位をとり、鍼の補充や保持の際に移動したり体位を変えたりして効果や事故に影響しないようにします。

一般的な体位には、横臥位と座位があり、横臥位は仰臥位、側臥位、伏臥位に分けられ、座位は座位、側臥位、伏臥位に分けられる。 その内訳は、以下のとおりです。

1) 仰臥位:頭部、顔面、頸部、胸部、腹部および四肢の内臓の一部に使用する。

2)側臥位:側頭部、胸部側面、臀部、下肢のツボを取る際に使用します。

3)うつ伏せ:頭部、首、肩、腰、臀部、下肢の背面および側面から採取した経穴に適用します。

4)仰臥位:前頭部、顔面、頚部、胸部上部、上肢の一部にあるツボに適用します。

5)側臥位:側頭部と側頸部のツボに適用します。

6)うつぶせの姿勢:頭頂部、後頭部、襟足、肩、背中のツボに適用します。