鍼灸治療における経穴配置の原則

鍼灸治療における経穴配置の原則
相性の原則は、異なる状態の治療ニーズに応じて、同じ、類似、または相乗的な主治療を行うツボを選択し、協調的な役割を果たすことである。
互換性の原則は、異なる状態の治療ニーズに応じて、同じ、類似、または相乗的な主治療を行うツボを選択し、調整された治療的役割を果たすことです。

経絡・経穴コンビネーション法

臓器や経絡のいずれかに病気が発生した場合、その臓器や経絡のツボが選択され、それに合致したツボが使用されます。 これは「無実、無欠、経絡で取る」という治療原則に基づき、「経絡でポイントを取る」ことを具体的に応用したものです。 主に経絡、経絡が通る部位、経絡が属する臓器に起因する病気に用いられます。 1点での使用はもちろん、2点以上組み合わせての使用も可能です。 例えば、喘息が肺の病気であれば、この経絡の魚の交点を使います。 例えば、喘息が肺の病気であれば、経絡の「腎」「中点」を使います。

同系統の鍼灸院

異経絡鍼灸の意味は2つあり、1つは、内臓や経絡のいずれかに病気が発生した場合、その内臓や経絡のツボを取り、同時に別の経絡のツボを取ることで相乗効果を生むこと、例えば、不整脈の場合、経絡の神門を取り、心に効かせて心を落ち着かせ、足の太陰経の三陰交を取り、血を養い、陰気を養い心を補うようにすることである。 次に、ある臓腑や経絡に病気が発生した場合、その経絡以外の経穴を選んで合わせます。例えば、不眠症には心経の胸のツボを取るのではなく、心包経の内関、足太陰経の三陰交、安眠のツボを取って合わせるのです。

表裏ツボ合わせ法

前後法は、「腹背陰陽法」とも呼ばれ、体の前面と背面で同じような効果を持つツボを合わせる方法です。 表は胸部・腹部、裏は背部・腰部を指し、両部のツボが連動して相乗効果を発揮し、治癒効果を高めています。 これは「内臓、腹部、背部が調和している」という理論に基づくもので、その代表的なものが「游点」と「陽点」のマッチングである。 例えば、胃の病気の治療では、腹部のツボ「中脘」を取り、背中のツボ「胃脘」を電気鍼と併用して取ります。 もちろん、症状に応じて胸部、腹部、腰部の他のツボも使用することができます。 例えば、気管支炎の治療では、背中にある風門というツボと、胸にある丹頂というツボを併用します。

近くて遠いツボ

遠くのツボと近くのツボを併用して使用します。 これは、症状、根の節、経絡の気の上下、内外に対応関係があるという原則に基づいています。 例えば、腸の炎症の治療では、隣接する天柱というツボを使い、手足には上部の柔素や合谷というツボを使います。 逆に、手足の「根」の病気には、手足そのもののツボだけでなく、頭、胸、腹の「節」のツボも取る。 例えば、膝の痛みの治療では、局所のツボである「膝兪」と腰部のツボである「腎兪」の両方を使用します。

上記の方法は、臨床の現場では孤立しているわけではなく、一つの処方の中に様々な方法が含まれていることが多い。 前後、左右、上下、遠近の相互を形成し、陰陽を運び、各経路の気血を通じ、臓腑の気血を調和させて病気を治療することを目的としています。 適宜、臨床応用が可能です。

電流回路の要件によると、電気鍼治療は、電気鍼の特性であるペアの鍼に隣接し、可能な限りペアにする必要がありますマッチング方法を持っている必要があります。 処方中の主なツボが選ばれた場合、主なツボと対になるように隣接するツボも選ばれます。 例えば、胃の痛みの場合、足陽明胃経の足三里のツボを使うときは、同じ側の足太陰脾経の公孫のツボも対にしてとります。 したがって、ツボの選定や組み合わせの際には、この点を考慮する必要があります。