電気鍼治療における経穴配穴の原則

電気鍼治療における経穴抽出の原則
鍼灸の主な方法は、弁証取穴、循経取穴、局所鍼、神経接触鍼、微鍼法、臨床経験鍼などである。
ツボを正しく選択することは、治療効果と非常に密接な関係があるのです。

経穴(ツボ)の特定

ツボの特定は、身体の症状や徴候を総合的に分析し、内臓、八綱、三焦、経絡を特定して、病気の原因、病因、病気の部位、対応する治療規則を決定し、対応するツボを選択して鍼灸治療を行います。

経絡によるツボ

鍼灸治療の基本的なルールであり重要な方法である経絡循環理論に基づき、ツボを選定しています。 臓器や経絡を特定し、その経絡に応じたツボを選ぶ、つまり「経絡を特定し、その経絡に応じたツボを取る」ものです。 例えば、胃に痛みがある場合、病気が胃の経絡にあれば、胃の経絡の足三里を選ぶ。次に、病変部を通過する経絡上のツボ、つまり「経絡が通過する、主治と」を選択する。 例えば、腰に病気がある場合、足太陽経が腰を通るので、その経絡の魏中などにツボをとります。

局所のツボ

局所鍼とは、体表の病変部、痛点、臓器病変の突起部などの局所に鍼を打つためのツボを選定することで、そのツボを刺激することで、臓器病変を治療するものです。 それぞれのツボがその場所にある局所的な病変を治療するという事実と、「ツボとしての痛み」という特徴に基づいている。 患部の経絡、臓器、臓腑の陰陽を調整し、陰陽のバランスを整えることを目的としています。 局所のツボには、次の3つの意味がある。 1.病変部の局所に取る。 例えば、腱鞘嚢腫の場合、嚢腫に2本のミリ針を刺し、電気鍼をする、②痛みのあるところ、つまり痛む圧力があるところにツボを取る。 棘上靱帯を損傷している場合は、圧迫痛の最も明らかな箇所に電気鍼を打つ、3.体表の臓器病変の投影からツボを選択する。 例えば、胆嚢炎には成満を、胃炎には中黄を服用します。

神経の分布に合わせたツボ押し

鍼灸のツボは、脳神経と脊髄神経、その神経叢と神経下経路の神経学的理論に従って取られます。 324点の針周5cm以内の神経の分布を調べたところ、323点すべてが脳神経または脊髄神経に支配され、該当する臓器の神経と同じ脊髄節にあるか、その臓器の属する神経節の範囲内にあることが分かった人もいます。 また、十二経のツボは、末梢神経を通じて対応する脊髄節にある交感神経とつながっている。 霊枢-魏徴には、”気が胸にあれば、陰愈に止まり、腹にあれば、陰愈と三焦に止まる。”とあります。 この区分は、現代の神経区分と非常によく似ている。 そのため、臨床的には、神経分布に応じたツボ押しが一般的な鍼灸の方法の一つとなっている。 例えば、三叉神経痛の場合、第1枝の痛みは陽白、毓堂、孫、第2枝は四白、英香、朱雀、第3枝は頬車、下関、承橋、坐骨神経痛は黄柏、貴州、陽輪泉、崑崙からとりました。

マイクロニードルポイント(微鍼法)

マイクロニードルポイントは、特定の部位にあるすべての胸のツボのことです。 マイクロニードルは、頭、目、手、足、耳、手首、顔、鼻、首、腹部、背中など、一連の局所的なホロパンクチャー療法の総称で、ほとんどのマイクロニードル療法には特定の経穴が存在します。 鍼治療の原則は次のとおりです。1.咳、気管支、肺を取るために目の鍼のような胸のポイントに対応する病気の内臓および器官の影響を受けた側面を、取る; 耳の鍼の足首、等2.の診断および治療の理論に従って、目の病気、多動レバー火の証拠、そして耳刺のレバー、等3.を選ぶような西洋医学の刺しポイントの理論に従って反リウマチ、等4病気の地帯化の刺しポイントの部分に従って副腎ポイントを取る関節リウマチ、として。 例えば、胸痛の場合は上焦ゾーンにある目のツボと手首・足首のツボ1~3を、腹痛の場合は下焦ゾーンにある目のツボと手首・足首のツボ1~2を取るなどです。

経験的ツボ

経験的鍼灸とは、長期間の臨床実践に基づき、特定の疾患に対して特定の治療効果を持つ鍼を選択することである。 電気鍼療法はまた、鍼治療の理論と同じくらい実践からであり、多くの医師はいくつかの成熟した臨床経験を持って、いくつかの共通配穴点と一致する。