にきびの鍼灸治療

にきびの電気鍼治療
電気鍼はにきびの治療に有効ですが、治療期間がやや長く、通常10~20回の治療で効果が得られます。 病変が長引き、膿瘍、結節、膿瘍を形成している場合は、血液カッピングを併用し、血液活性化効果を高めることができます。
にきびは、主に思春期に発症する毛包の皮脂腺の慢性炎症性皮膚疾患であり、心理的・社会的に大きな影響を与えます。 臨床症状は、顔面のにきび、丘疹、膿疱、結節などの多形性病変で特徴づけられる。

漢方医学では、ニキビは肺や胃に熱がこもって顔が蒸れたり、風熱が侵入したり、辛いもの、脂っこいもの、甘いもの、乾物、揚げ物などの食事で脾胃に熱や痰が溜まり、気血が滞り、熱毒が溜まって皮膚の表面に溢れ出すことでできるとされています。

にきび電気鍼治療 I

ツボ:曲池、合谷。 肺経の風熱には魚際と大椎を、脾胃の湿熱には足三里と陰陵泉を、重仁の未固化には陽陵泉と三陰交を加えます。

操作手順 瀉法の配穴に準じた経穴で細い針を刺し、電気刺激の強さは患者が耐えられる程度が適当である。 1日1回、1回20分程度の治療を8日間行います。 三叉神経痛の配穴と同様な経穴で肺兪、天兪、心兪、肝兪を刺し、カッピングを5分ほど交互に行う治療を併用します。

ニキビの電気鍼治療 II

ツボ:曲池、合谷、足三里、陽陵泉。

前半の2点は捻転瀉法で、後半の2点は電気鍼で治療します。 上記のツボはすべて20分間キープします。 治療は隔日1回、10回を1クールとして、漢方薬の人参とオウゴン白朮散に生薬と白朮を加えて内服します。 脾虚湿熱タイプのにきびを主に治療します。

電気鍼はニキビに効果的ですが、治療期間がやや長く、効果を得るには通常10~20回の治療が必要です。 病変が長く続き、膿瘍、結節、膿瘍などを形成している場合は、カッピングを併用することで、血液循環を活性化し、瘀血を除去する効果を高めることができます。 しかし、内分泌疾患を伴うため、経絡のツボや足陽明、少陰経の関連ツボと合わせて気を使う。 電気鍼の場合、湿熱や熱毒の邪気を取り除くために、疎密波や断続波を用いることができる。