蕁麻疹の鍼灸治療

蕁麻疹の電気鍼治療
電気鍼は、主にかゆみ症状やじんましんがなかなか治まらない急性期の蕁麻疹に特に効果的です。
蕁麻疹は、皮膚や粘膜の血管反応が様々な原因で起こる、一般的な皮膚疾患です。 痙攣性の赤色または白色のかゆみを伴う断続的な発疹として現れ、漢方では「中毒疹」と呼ばれ、一般には「風疹」と呼ばれる。

漢方医学では、病気は必ず外体の養分不足、固さ不足が引き金となり、外邪、丹毒が引き金となるとされています。 風熱または風寒が筋表を襲い,陰と陽の不調和が生じる場合と,魚・海老・腸内寄生虫などの湿熱が腸胃に蓄積し,内部排出や外部浸透ができず,皮膚と髪の間に発生する場合があります。

体の調子が悪かったり、長い病気で気血が枯渇すると、魏気の不足と血の不足が風を生み、病状が頑固になることが多いのです。 “この病気のかゆみの特徴から、漢方では風が主な原因であると考えられています。

蕁麻疹に対する電気鍼灸治療 I

ツボ:曲池、血海、足三里。

操作手順 針が気を得た後、平性強壮、平性下痢、痛みや痒みが強く、発疹が出た後、下痢止めの方法で使用します。 次に鍼通電気を使用し、電気鍼灸機の2本の出力線を2本の針山に接続し、疎密波を使用し、2~3分通電した後、適切に電気の流れを増やすことができ、1回10分、1日1回の通電です。

蕁麻疹の電気鍼治療 II

ツボ:合谷、外関、曲池、血海、足三里、三陰交、太衝。 配穴:膈兪、肺兪、大腸兪。

手順:一度に3~5点、交互に取る。 1~2インチのミリ針を刺し、下痢止め法を適用する。 気を得た後、電気鍼に接続し、疎密波を許容範囲内の強さで使用し、10~15分放置する。

蕁麻疹の電気鍼灸治療は、主に痛みやかゆみの症状の急性期で、蕁麻疹が治まりにくいなどの症状が特に有効で、電気鍼灸治療は気血の経絡を浚い、経絡の詰まりを解消して気血の運行を妨げる原因を取り除き、痒みを緩和して発疹を実現し、気血を調節して風邪機能を避難させることができるのです。 電気鍼は体の免疫機能を高め、免疫細胞がヒスタミン、ブラジキニン、遅効性物質などを分泌しないように、あるいは少なく分泌するように、体をアレルギー物質に対して反応しにくくすることができるので、臨床応用は良い効果があります。