尿崩症に対する鍼灸治療

尿崩症に対する電気鍼灸治療
電気鍼は尿崩症に非常に有効で、特に皮質障害、栄養不良、風寒の場合、3~5回の治療でかなり改善されます。
尿崩症とは、おねしょとも呼ばれ、5歳以上の子どもが睡眠中に排尿し、起床時間が遅くなることが多い病気です。 10歳以下の子供に多く見られる症状ですが、それ以上の年齢でも繰り返すことがあります。 5歳以下の子どもは、まだ体がしっかりしておらず、排尿に対する自制心が弱いため、尿失禁を起こすことがよくあります。

これは、関元が不足して冷え、腎気が不足して脾肺気が不足して膀胱が失調しているか、肝経に湿熱があり、熱が膀胱を圧迫していることが原因です。 また、日中に疲れすぎて夜眠りが深くなり、呼びかけに反応しなくなる子や、子供の頃から教育が行き届いておらず、夜間排尿に起きる習慣がない子、急に新しい環境に変わった子、夜間に肛門から這い出してきて前陰部を刺激する寄生虫の感染によるものなどがあります。

尿崩症に対する電気鍼療法

ポイント:白煕、中煕、観音、三珪、三陰交。

操作手順:頭皮後方斜刺0.5〜0.8インチに沿って百鍼ポイント、関元、中智針先やや下向き斜刺1〜1.2インチ、ように陰にダウン針感、足三里、三陰交ストレート刺1月2日は、連続波、ほとんどの刺激で、電気刺鍼器に接続、鍼感を得られた後に、捻転補法、置鍼針療法30分、置鍼滞在針療法、遠赤照射を関元に行う。

隔日1回、治療課程の5回であってもよいです。

尿崩症の電気鍼灸治療は非常に良い効果があり、特に皮質障害、栄養失調、風寒の人は、3-5回の治療後に大幅に改善することができ、10回以上無効、それは他の原因要因があることを意味し、原因は治療の前に特定する必要があります。 電気鍼は主に腰部、腹部、頭部に使用され、神経線維の伝導により、膀胱の下部または上部中枢に直接作用し、神経機能を調節して治癒を実現するものです。 ただし、再発率が高いため、効果を定着させるためには、症状を抑えた後も一定期間、治療を継続する必要があります。