トゥレット症候群(チック症)の鍼灸治療

トゥレット症候群の電気鍼治療
不調のメカニズムには、肝や腎のほか、経絡や気血、特に肝が関与しています。
チック症候群は、多声性症候群とも呼ばれ、主に小児期に多発性の運動性・発声性チックを示し、強迫や多動などの行動・情緒障害を伴う原因不明の疾患群であります。 この障害を持つ多くの子どもたちは、治療が困難で長引き、生涯にわたって障害に悩まされることさえあります。

漢方医学によると、ひきつけ症ともいわれ、五意の過剰により火と風が発生し、肝風が内動する、あるいは六性により風と陽が開閉し、陽邪である。肝は風の臓で「その音は呼び」「その動きは握り」、結果としてひきつけになる、としています。 長い間の病気で脾が弱り、脾が不足し、肝が亢進し、肝木が地を利して風を起こし、痰を動かすことが原因かもしれません。 ひきつけが長引くと、内部で陰血が枯渇し、精血が不足し、水に木が含まれず、陰虚、風動が起こります。

トゥレット症候群の電気鍼灸治療 1

白妃、印堂、風池、内関、太衝、太渓のツボを取る。 陰虚陽亢には三陰交と満西のツボを、心脾両虚には心愈と脾愈を、痰熱内擾には高陵と風龍を、落ち着かない時には尺沢と神庭を、食欲不振には中元と足三里のツボを加えます。

手順 3~5個のツボを一度に選択する。 電気を10~15分かけ、疎密波で、1日1回、10回を目安に施術してください。

トゥレット症候群の鍼治療 II

耳ツボ:心、肝、腎、皮質下、副腎、交感神経、後頭部。

鍼の後に電気鍼を加えて20分ほど通電し、両耳を交互に使うという手順です。 1日1回、25回を1クールとして鍼を打っていきます。

操作手順2つの耳を交互に使用します。鍼灸後、電気鍼灸装置を適用し、20分間電気を供給します。1日1回、治療コースとして25回。

チック症候群は、漢方薬の「けいれん」のカテゴリーに属し、その病理学的メカニズムは主に肝と腎、経絡の気と血液に関係しています。「すべての風は目がくらむほどで、それらはすべて肝臓に属しています。」肝と腎の機能不全、営気と血液の不足、腱と経絡の栄養不足、抑制不能、自立不能は一過性の病気です。

電気鍼療法は、患者の脳の毛細血管の血流循環をスピードアップすることができます。電気鍼療法は、神経核と髄膜の効果を刺激し、手足と脳の機能に影響を与えて改善し、それによって臨床症状を改善します。頭皮鍼灸は、この病気の治療の主要部分であり、神経系を刺激して調節し、中枢神経メディエーターの変化に影響を与える可能性のある脳の血液循環を改善する効果があるため、線条体には多くのドーパミン作動性システムがあります。