慢性咽頭炎に対する鍼灸治療

慢性咽頭炎に対する電気鍼治療

慢性咽頭炎は、原因が複雑で、治療が難しく、再発しやすいのどの病気です。 電気鍼治療の使用は、症状の軽減や病気の経過を短くするために有効であることが多い。
慢性咽頭炎は、咽頭粘膜、粘膜下層およびリンパ組織の慢性炎症である。 びまん性咽頭炎は上気道の慢性炎症の一部であることが多く、限局性咽頭炎は咽頭リンパ組織の炎症であることがほとんどです。 臨床の場ではよく見られる疾患で、経過も長く、症状も再発しやすい。

漢方医学では、慢性咽頭炎は、熱病後の残邪が肺や金を停滞させたり、肺や腎が虚して水分が不足し、咽頭を燻蒸して潤いが失われたりして起こることが多いとされています。

慢性咽頭炎 電気鍼灸治療 I

ツボ:任脈、公孫、太衝、合谷、豊隆、手三里穴。

施術者は親指で総頸動脈を刺さないようにそっと外側に押し出し、針を1~1.5インチほど入れ、そっとひねりながら、喉や胸に感覚が伝わるようにするのです。 四肢のツボは日常的に左右交互に針を刺し、足三里は強壮剤として使用します。 針は8分に1回行います。 治療器を接続し、30分間連続波で通電し、電流の強さは我慢して、任脈の電気の流れが小さくなるようにします。 首の鍼の震動が喉の奥まで届いていることを実感してもらう。 1日1回、1クール6日間、1クール間は6日間休薬、咽頭粉瘤を内服する。

慢性咽頭炎に対する鍼灸治療 II

ツボは「廉泉」「天柱」「合谷」「太白」。

鍼を打った後、鍼灸器を接続し、波形を中程度の刺激強度の密波として選択します。 1回15~20分、1日1回、10回を1クールとしています。

慢性咽頭炎電気鍼療法 III

ツボ 天突、頸部4-5傍脊椎の敏感な点。

鍼治療の後で、電気刺鍼術装置に接続して下さい、現在の強度を容認するのにまばらで、密な波、1日1回、処置のコースのための10回を使用して下さい。

慢性咽頭炎は一般的な咽頭疾患で、原因は複雑で、治癒が難しく、発作が再発しやすい。 電気鍼治療の使用は、症状の軽減、病気の経過の短縮において、しばしば何らかの効果を見ることができます。 この病気は特別な咽頭の不快感があり、咽頭腫瘍の類似症状の識別に加えて、患者の思想的な仕事をよくする必要があり、患者の治療を必要としながら、腫瘍であると考える負担を避けるために、喫煙やアルコールなどの有害要因を控える、辛いものを食べない、風邪を避けるなど、治療の目的を達成するためにです。