歯痛のための鍼灸治療

歯痛のための電気鍼治療
歯痛の原因は様々で、電気鍼は鎮痛効果が高いのですが、原因に対する治療と口腔衛生への配慮が必要で、きちんと守れば発作を抑えることができます。
歯痛は、さまざまな原因によって引き起こされる歯の痛みを指し、口腔内疾患の代表的な症状である。

口腔疾患によく見られる症状で、風熱が歯や踵の肉に侵入し、邪気が分散されず、気血が停滞し、気点を塞ぎ、脈や経路を塞いでしまう。 また、手足の陽明経はそれぞれ下の歯と上の歯であり、大腸や胃に熱がこもったり、風が経絡を襲ったりすると、火邪が経絡をたどって火となり、歯痛を起こすことがあります。 腎は骨の主であり、歯は骨の余りである。 腎陰の不足と火虚も歯痛の原因となる。 また、腎陰が不足し、虚火が炎症を起こすと歯痛を起こすことがあります。 また、甘いものや酸っぱいものをよく食べるため、口や歯が不潔になり、汚れで痛みを感じるケースもあります。 したがって、歯痛の主な原因は気血のスムーズな流れにあり、次いで手足陽明、腎の経絡があります。

歯痛の電気鍼治療

風火歯痛には頬車・下関・合谷・外関・風池、固火歯痛には内庭・二間、虚火歯痛には太衝・合谷がツボです。

手順としては、ミリ針を刺し、パルス電流で、濃い波を選び、20~30分、1日1~2回、緩和されるまで使用します。

歯痛の原因は様々で、電気鍼は鎮痛効果が高いのですが、治療も原因に合わせて行う必要があります。