五十肩の鍼灸治療

五十肩の電気鍼灸治療
電気鍼は五十肩に効果があり、特に経過の短い人には有効です。 高齢で体が弱っている場合、病気が長く進行している場合、関節が癒着している場合、肩関節の痛みは目立たないが動きが制限されている場合は、治療効果が低く、マッサージ療法と併用して改善する必要があります。
難治性の肩は、肩周辺の軟部組織の病変により、肩関節の痛みや動きが悪くなるため、凍結肩とも呼ばれています。 臨床的には、初期には肩の痛みやシビレ、中期には肩関節の運動制限や機能障害、後期には症状が徐々に緩和され、自然治癒する傾向がある、多因子疾患であることが特徴です。 総罹病期間はl年から2年です。 発症はほとんどが片側性です。 右側より左側が多い。

漢方では、老齢、肝腎不足、気血不足、腱や骨の欠損、長期の負担などが原因と考えられています。 腱と動脈が長い間くっついていて、動かせません。 したがって、気血の不足は、血は、内部原因、風、寒さと湿った邪悪な侵略として外側の原因として腱を活性化させません。

五十肩・電気鍼灸治療 I

病気が太陽経にある場合は、肩を侯熙と組ませ、病気が陽明経にある場合は、肩を衢と丙沽と組ませ、病気が少陽経にある場合は、肩を中柱と組ませます。

鍼と捻転の後、100~150回/分の周波数で、密波と疎波を使い、20~30分耐えられる電流強度で治療器に接続し、その後10分間カッピングを行う。

五十肩の電気鍼治療 II

ツボ:肩甲骨前、肩甲骨、肩甲骨、外関、合谷。 サポートポイントは、「肩鎮」「衢」「陽陵泉」。

鍼を打った後、主な鍼の1つを電気治療器に、もう1組を外関と合谷に接続します。

連続波を使用して、最初に10分間高周波(> 50Hz)で刺激し、その後、低周波(2-lOHz)の刺激、45分の刺激時間、隔日、治療のコースのための10回行います。。

電気鍼は五十肩に効果があり、特に病状の経過が短いものには有効です。 患者が高齢で虚弱である場合、病気が長く続いている場合、病気の関節が癒着している場合、肩の痛みは目立たないが、活動が制限されている場合は、治療効果が低く、マッサージ療法と組み合わせて効果を高める必要があります。 また、温熱鍼、ファイヤーカッピング、小鍼、推拿、などを併用することで、良い効果を得ることができます。