腰部筋緊張に対する鍼灸治療(腰痛)

腰部筋緊張に対する電気鍼治療
腰部筋緊張のための電気鍼の使用は、良い鎮痛効果を果たすことができる、痛みによって引き起こされる筋肉のけいれんを緩和することができますが、これは指標の方法です。
腰部の筋肉の緊張は、一般的な臨床疾患、多病歴、より多くの要因の病因は、主な症状は、腰痛、一日の労作によって悪化し、残りの部分を減らすことができた後、月の蓄積は、筋線維変性を行うことができ、さらに少数の涙、傷や繊維コードまたは癒着の形成、長期の慢性腰痛を残します。

腰痛の基本的な病態は、腰部の腱や静脈の麻痺、栄養の喪失である。 基本的な病態は、腱や静脈の麻痺と腰部の栄養喪失です。 内傷の多くは、腎虚による腰部の養分不足と栄養喪失が原因とされています。 腎と膀胱は近接しており、足日が通過する。 また、腎・杜・崇・蔵の各脈も関与しており、腰痛は腎と経絡が関係している。

腰部筋緊張に対する電気鍼治療 I

ツボ:阿是穴、中衝。

周波数は200~300回/分、電流の強さは患者さんに合ったものを使用します。 1回20~25分、1日1回、14回を1クールとしています。 また、腰部や腹部の筋肉を鍛えるI-2エクササイズも毎日行ってください。

腰部筋肉痛の鍼灸治療 II

ツボ 大腸兪、関元兪、委中、阿是のツボ。

手順:うつぶせになる。 2.5インチのミリ針を使い、ポイントを直接刺す。 針は柔らかいゴムのような感覚があるとき停止します。 針が Qi を得た後、電気鍼の器械を始動させ、疎密波で 1 つの処置につき 40 分間使用して下さい。 1日1回、7日間投与します。 骨格性腰椎靭帯損傷の方に適しています。

腰部筋肉痛の電気鍼治療 III

腎兪、委中、阿是点、陽陵泉のツボを取る。 寒湿には陽関、志門、歪には朮、三陰交、腎虚には志室、太白を用いる。

操作手順 疎密波による鍼治療。 1回につき30~40分、針を刺したままにしておきます。 毎日又は隔日 10回を1クールとする。

腰部筋緊張に対する電気鍼による治療は、鎮痛効果が高く、痛みによる筋痙攣を和らげることができますが、これは指標となる方法です。 同時に、腰の筋肉を強化する運動は徐々に腰の力のバッチを増加し、腰の運動と様々な腰の姿勢に関連する様々な筋肉群の筋肉のバランスを改善します。

慢性腰部筋緊張症は治りにくく、再発しやすいので、電気鍼を使用しながら、ツボの選定に注意し、他の治療法を併用することもあります。 このような寒証と湿証タイプ、腎不足のタイプは、炎症法、カッピング法と組み合わせることができます;栄気血不足型は、鍼灸カッピング法と組み合わせることができ、状態が長引く、再発の場合は、医療機関でブロック療法と組み合わせることができます;経過が長いと、局所組織の癒着は、解消できることもあります。

もちろん、鍼灸治療の過程で、推拿(すいな)療法を併用することで、治癒を促すことができます。