頚椎症に対する鍼灸治療

頚椎症に対する電気鍼灸治療
頚椎症に対する電気鍼治療は、症状の緩和に有効であり、頚椎牽引、推拿、漢方イオントフォレーシス、ツボ注射、カッピング、TDP照射などと併用するとさらに効果的である。
頚椎症は、頚椎椎間板変性、頚椎骨棘、頚椎靭帯石灰化が頚椎神経、血管、脊髄を刺激して圧迫し、片側または両側の感覚、運動、脚反射、筋肉または頭部への血液供給不足、上肢の内臓神経機能障害などの一連の症状・徴候を呈する症候群である。

頚椎症の形成は、肝腎の虚損、腱骨の衰えと慢性的な負担の蓄積とが相まって、夫婦が虚し、気血が弱り、腱骨が潤わず、風寒湿が侵入し、経絡が麻痺し、気滞血滞が生じる。

頚椎症に対する電気鍼治療 I

ツボ 対応する病巣は、背骨のツボと大椎にある。

鍼を打った後、患部の肩の裏、前腕、指に鍼の感覚が伝わるのを待ち、電気鍼治療器に接続し、疎密波を使って、その強さは我慢できる程度にします。 針を抜いた後、頸椎の後頭部や顎の牽引を併用する治療法です。 毎日または隔日で、10回を1コースとする。

頚椎症に対する鍼治療 II

ツボ:天柱、曲泉。 随伴点:頭痛には風池、腕のしびれには布袋、片側の症状には患側、両側の症状には両側点。

施術:天柱は2インチのミリ針を頸椎に沿って斜め下に刺し、針の感覚が肩に伝わるようにし、屈原は1.5インチのミリ針を肩の脾臓の内側端に向かって斜めに刺す。 気を得た後、電鍼器に100回/分の周波数で、首や肩が痛みなく明らかな筋のズキズキを示す強さで連続波を接続する。 針は20分ほどそのままにしておきます。 コンパニオンポイントは従来通り、1日おきに1回、12回を1クールとして鍼を打ちます。

頚椎症に対する電気鍼治療は、症状の緩和に有効ですが、頚椎牽引、マッサージ、漢方イオントフォレーシス、ツボ注射、カッピング、TDP照射などと組み合わせることができれば、より効果的です。 神経根型が最も効果が高く、交感神経型と椎骨動脈型が2番目に効果が高く、脊髄型は効果が低いということです。