糖尿病に対する鍼灸治療

糖尿病に対する電気鍼治療
電気鍼は血糖値の調整作用があります。 電気鍼は主に膀胱経と脾胃経のツボを選択するが、糖尿病患者の皮膚は敗血症になりやすいので、ツボの選択は最小限にとどめる。
糖尿病は、一般的な内分泌代謝疾患である。 その基本的な病態は、インスリンの絶対的あるいは相対的な分泌不全、あるいは末梢組織のインスリンに対する鈍感さによって特徴づけられ、脂肪およびタンパク質代謝障害を含む糖代謝障害を伴う全身性疾患を引き起こします。 持続的な高血糖状態、尿糖陽性、耐糖能の低下が特徴である。 典型的な症状としては、飲み過ぎ、食べ過ぎ、排尿過多、体重減少など「3多くて1少」の症状が特徴的です。

糖尿病の原因は内外の陰虚であり、外陰虚は脂肪分や甘いものの摂取、感情や精神の不調、過労、あるいは熱や毒性によって陰液が燃焼し、内熱や渇きが発生するものである。

糖尿病の基本的な病態は、陰虚と燥熱である。 肺、脾、腎の内臓はそれぞれ強調することができ、互いに影響し合う。 上焦の肺の乾燥と陰虚、流体は千回の伝送を失うし、胃は、栄養の腎臓の欠如を湿らされていません。中焦胃熱、燃焼液、その後上部燃焼肺流体、腎陰の下の枯渇、下焦腎陰虚、肺や胃の上部炎症、肺乾燥、胃熱、腎虚3焦で病気になってしまうこと。

糖尿病電気鍼療法I

ツボ:肺兪、脾兪、腎兪、大腸兪、足三里、三陰交。

手順は、毎回2-3個の鍼を選択し、鍼を打った後、電気鍼灸器を密波で接続し、15分間通電し、隔日で1回、10回コースで治療します。

糖尿病電気鍼療法 II

ツボ:足三里、三陰交、腎兪、胆兪、横隔膜兪。

手順 1回30分、ツボに電気刺激を与える。 症状の軽い方は1日1回、重い方は1日2回、10回を1クールとしています。

電気には血糖値を調整する作用があります。 ウサギの実験の何人かの人々は血糖の正常なレベルの鍼の刺激が変わらなかったが、ウサギが多量の砂糖の負荷を受け取ったときに、鍼はかなり減る血糖の許容カーブの劇的な上昇を作ることができると分りました; 砂糖負荷許容カーブの上昇に劇的な動物でありではないです、しかし鍼は鍼の刺激が血糖を調節できることを示すわずかに高められたカーブを作ることができます。 電気鍼は主に膀胱経と脾胃経にツボを選定しますが、糖尿病患者の皮膚は敗血症になりやすいため、ツボの選定は最小限にとどめる必要があります。

さらに、電気鍼は一部の糖尿病合併症の治療にも有効です。 主に末梢性神経障害などの治療に用いられます。 電気鍼治療の適応は、60歳未満で、罹病期間が3年以内であることです。 一方、罹病期間の長い高齢者は予後が悪く、インスリン依存症の人は予後が悪いと言われています。 治療の期間はまた効力に直接比例し、電気刺鍼術治療は長くあるべきで、3-4ヶ月に達する必要があり、あまりにも早く治療を停止しないでください。