月経困難・不正出血の鍼灸治療

患者さんは食事や栄養に気を配り、辛いものや冷たいものを避け、無理な運動をしないようにしましょう。
女性の不正膣出血では、出血が多量で急激な場合は中折れ、出血が少ない場合は迸り落ち、月経漏出とも呼ばれる。 月経漏出ともいい、出血が長引くと気血が枯渇し、次第に漏出するようになります。 本疾患はあらゆる年齢の女性に発症しますが、一般に思春期や更年期の女性の月経困難症の臨床症状は、西洋医学における無排卵性淋病の臨床症状と類似していると言われています。 妊娠可能な年齢の女性では、西洋医学における排卵性淋病と同様の臨床症状を示します。

月経困難症の病態は、主にフラッシングが損傷して固まりにくくなり、子宮からの月経血がタイミングよく流れないことに起因しています。 一般的な原因としては、血熱、腎虚、脾虚、瘀血などが挙げられます。 熱によって経脈が傷つき、血が自由に動けない場合や、脾気が傷つき、流れを整える力がない場合、腎陽が不足し、血を封じる力がない場合、血が滞り、経脈に戻れない場合などがあります。 突然発症することもあれば、月経異常から発症することもあります。 この病気は、経と仁の2つの道と肝・脾・腎の3つの臓が関与し、症状は虚と実に分かれる。

月経困難症に対する電気鍼治療 I

ツボ 三陰交、血海、陰白、曲池。

鍼治療後、連続波で中強度の刺激を与える電気鍼装置を接続し、30分間、1日1回、10回を1クールとして治療する。 血熱の内乱に。

出血・漏出に対する電気鍼治療 II

ツボ:関元、足三里、白妃、脾兪、陰兪。

鍼治療の後、連続波で電気鍼治療器を接続し、患者が許容できる範囲で刺激し、30分間、1日1回、10回を治療コースとする。 気を取り込まないタイプの崩血に用いる治療法です。

患者は食事療法に注意し、栄養を強化し、辛いものや冷たいものを食べないようにし、過労を防ぐ必要があります。 更年期の女性では、出血を繰り返す場合は婦人科的検査で腫瘍を警戒し、出血が多い場合は安静や入院を勧め、突然の大量出血の場合は、陰血を激しく傷つけ虚証となる危険性があるので、総合的に治療することが必要である。