月経困難症の鍼灸治療

月経困難症の電気鍼治療
電気鍼は、原発性月経困難症に有効で、鎮痛効果や全身症状の改善効果があり、長期的に安定した効果が期待できます。
月経困難症とは、月経前後や月経中の下腹部の痙攣性の痛みと、日常生活に重大な影響を及ぼす全身の不快感を伴うものと定義されています。 西洋の婦人科・産科は、一次と二次に分けられる。 原発性月経困難症は、機能性月経困難症とも呼ばれ、婦人科の精密検査で骨盤内臓器に重大な異常が認められない場合に起こります。 二次性月経困難症とは、子宮内膜症、骨盤内炎症性疾患、腫瘍、子宮頸管狭窄、子宮腺筋症など、生殖器に明らかな病変があるものを指します。 原発性月経困難症は思春期の女性に多く、続発性月経困難症は妊娠可能な年齢の女性に多くみられます。

月経困難症の発生は、リズムや子宮の生理的な周期の変化と密接に関係しています。 この病気は、主に「経絡」と「腎経」に位置し、「肝」と「腎」に関係する病気です。 病気の基本的なメカニズムは、邪気や血液が体の内側にあったり、精や血が不足していることです。 また、気血の衰えや肝腎の不足によって子宮の栄養が失われ、月経困難症になることもあります。

月経困難症に対する電気鍼治療 I

ツボは関元、中極、三陰交、足三里。

ツボを殺菌し、片側は関元と三陰交、もう片側は中医と三里に電気鍼を施します。

月経困難症に対する鍼治療 II

主なツボ:中医、関元、血海、三陰交。 補助穴:足三里、地倉、天宗、商丘、隠白穴。

1日1回、30分程度、月経前や生理痛のある時に実施します。

電気鍼は原発性月経困難症により効果的で、痛みを和らげるだけでなく、全身症状を改善することができ、長期間の効果は安定しており、通常2-4サイクルの連続治療(各治療は月経の3日前または痛みの発生時から始まり、5-7日連続または月経の終わりまで治療)で治癒することができる。 また、二次性月経困難症も鍼治療で軽減・コントロールすることができます。 生理不順の方は、痛みが治まった後も計画的に治療を継続することで、完治につながります。