月経異常に対する鍼灸治療

月経異常に対する鍼治療
電気鍼は月経不順に非常に効果的です。 選ばれたツボの多くは、任脈と三陰交を中心に、腹部や下肢のツボは少なめです。
月経異常とは、月経の周期、量、色、質などに異常がある状態のことで、月経不順とも呼ばれます。 月経前、月経後期、月経不順が多い。

月経周期が7日以上早く、2回以上連続している場合を前駆月経、7日以上遅く、2回以上連続している場合を遅発月経、早くも遅くも周期通りに月経が来ず、2回以上連続している場合を不順月経と呼びます。

漢方では、この病気は肝・脾・腎・脳卒中二道に密接に関係し、その多くは七情による傷や六性の外感、先天性の腎気不足、過労や緊張による臓器の損傷、肝・脾・腎の機能不全、気血の乱れにより脳卒中二道に障害が生じるとされています。

月経異常に対する鍼治療

ツボ:中医・大雪・子宮・関元・伏三里・三陰交。 合わせるツボ:肝の滞りに太衝・肝油、腎陽虚に腎湯・命門、肝・腎陰虚に肝湯・太衝、脾虚・痰飲に脾湯・風龍・公孫賛。

気を得た後、虚証には強壮法、固証には緩下法を用い、電気鍼灸器に接続し、連続波、30分保針、1日1回、15回で1クール、5日間休んで次のクールへ。

電気鍼は生理不順にとても効果的です。 選ばれた経穴のほとんどは、主に任と三陰交で、小さな腹部と下肢のポイント、通常5-7日前に月経期間針治療のような治療を開始するために、電源に注意を払うべきであるあまりにも強い、特に小さな腹部と腰と経穴、ように過度の月経を引き起こさないようにします。 他の病気による過多月経は、元の病気と同時に治療する必要があります。