鍼灸治療

臨床現場での鍼灸の使用は、独自の使用方法と操作方法があり、厳密な無菌操作のもとで行われます。 小針刀はオートクレーブまたは煮沸消毒し、針入部位の皮膚は通常通り厳重に消毒した後、滅菌した小さなタオルで覆ってください。

針の刺し方については、ポインティング、オリエンテーション、圧力分離、ピアシングの4段階のプロトコルに従います。 部位や疾患によって、病変を緩めたり、剥がしたり、切ったりする手技を使い分けます。

効能・効果

整形外科における小針治療の適応は11種類あり、主に慢性軟部組織損傷に使用されます。 これらは、以下の通りです。

(1) 軟部組織の癒着・拘縮・瘢痕による四肢・体幹の各部位の種々の難治性疼痛

(2) 部分的な骨棘(または骨棘)

(3)滑液包炎

(4) 四肢の体幹に生じた傷害性後遺症

(5)骨化性筋炎の初期段階(筋靭帯の石灰化を含む)。

(6) 各種腱鞘炎について

(7) 筋肉や靭帯の累積損傷

(8) 外傷性筋痙攣および筋緊張症(非脳由来)

(9) 外科的損傷の後遺症

(10)病理的傷害の後遺症

(11)背骨骨折の治癒異常

禁忌事項

(1) 発熱症状のある患者。

(2)重度の内臓疾患エピソードを有する患者。

(3)手術部位の皮膚感染、筋壊死。

(4)部位深部の紅斑、熱傷、膿瘍など。

(5) 手術中に避けることのできない重要な神経血管や重要な臓器がある場合。

(6)血友病の患者。

(7)極端に体力の低下している患者や高血圧の患者には、慎重に使用すること。

著名な芸術家たちの体験と事例

鍼灸治療は閉鎖的な処置であり、通常、局所麻酔は必要ありません。 安全性を確保するためには、特殊な針の刺し方に頼る以外に、筋肉、血管、あるいは神経、靭帯、組織の隙間に遭遇しているかどうかを針の感覚に頼ることである。 局所麻酔をして針を刺したときの感覚がないと、どの組織がナイフに触れているのか、切られているのかがわからないため、針を刺すときや手術中の絶対的な安全性を確保することが難しいのです。

代表的な症例:五十肩

張さん、女性、45歳。 7ヶ月以上前から右の五十肩に悩まされ、様々な治療を受けてきましたが、結果は芳しくありませんでした。 ここ数ヶ月、右上肢の外転・内転の症状がひどく、機能低下と患肢に触れると強い痛みを感じるようになりました。 小針手術と、白菜の種、揚げ麦、抗生物質、乾蕪、乳酸菌の入った漢方処方「五積散」で治療した。 5日に1回、計5回の治療を行い、15回分の漢方薬を服用したところ治癒しました。