鍼灸の技法 – 温灸

鍼灸の技法 – 温灸
灸筒は厚さ2〜5mmの白鉄や銅の板でできており、内筒と外筒でつながっている。 外筒と内筒は穴で囲まれており、外筒の上部を取り外してお灸をすることができます。外筒の中壁には、操作しやすいようにハンドルが付いています。
1.温灸器のお灸

灸筒は2~5mm厚の白鉄板または銅板でできています。 外筒と内筒は全周に穴が開いており、外筒の上部を取り外してもぐさを入れることができ、外筒の中壁には操作しやすいようにハンドルが取り付けられています。

操作方法:①もぐさの投入:外筒の上蓋を外し、内筒にもぐさを2/3程度投入する。

点火予熱: トップ カバーが、適用を取り戻すとき管の底で熱くであるために激しく燃える外に置かれるもぐさの内部管の中央部分を、発火させて下さい。

灸の応用:綿布を数枚重ねてツボの上に置き、温灸筒の底をツボの上に置いてアイロンをかけると、熱さはマイルドで熱くないので、熱すぎる場合は、間隔の層数を増やしてください。

暑すぎる場合は布の枚数を増やし、そうでない場合は布の枚数を減らしてください。 暑すぎる場合は布の枚数を増やし、そうでない場合は枚数を減らしてください。

2.灸枠でのお灸

もぐさ棒に火をつけて燃やし、灸枠の上部の穴に挿入し、選択した経穴に合わせ、輪ゴムで固定します。

もぐさの高さは、ツボの皮膚から3cm程度にすると、患部が温かく、痛くない。

一般的な症状には、1回10〜15分、2〜3点のお灸を適宜行い、頑固な症状には、1回1〜2時間、1日2回のお灸を行う。

フレームに灰が溜まった場合は、治療効果に影響を与えないよう、速やかに取り除くこと。

お灸が終わったら、残ったもぐさを消火筒に差し込みます。

3.お灸ボックス

もぐさロールを一カ所に固定した特殊な箱型の木製のお灸道具を使ってお灸をすえる方法です。 厚さ0.5cm程度の大小さまざまな長方形の木箱に、箱の外径と同じ大きさの蓋をいつでも取り外せるようにしたものです。

灸をすえる部位の中央に灸箱を置き、もぐさ巻きに火をつけ、鉄漿をのせ、灸箱に蓋をして、ツボや患部を置くと、灸をすえることができます。 箱は1回15〜30分使用可能です。