灸について

鍼灸の主な材料であるもぐさの葉ともぐさ(乾燥)


よもぎはキク科の多年草で、苦味と温感を持ち、脾臓、肝臓、経絡に属し、全国各地に生育し、湖北省の薬草県が最も優れたよもぎの産地で、薬草とも呼ばれる。 生薬は薬草艾と呼ばれ,苦味,辛味,温味,熱味,純陽の性質を持ち,瀕死の陽の面に用い,12経,三陰交,気血,寒湿を追い出す-お灸をすれば,すべての経絡を貫いて,すべての病気を取り除くことができる.
よもぎはキク科の多年草で、苦味と温感を持ち、脾・肝・経に属し、全国各地に生育しているが、湖北省の薬草県が最も優れたよもぎの産地で、別名「薬草よもぎ」とも呼ばれる。 薬草は生薬艾と呼ばれ、苦味と辛味があり、性質は温で熟すと熱を持ち、純粋に陽の性質を持っています。

1.よもぎの葉の性質と機能

よもぎの葉は、芳香、辛味、微苦味、温熱の性質があり、純陽の性質を持っています。 灸の材料として古くから使われてきたもぐさの葉は、経絡を温めて気血の流れを促進し、寒気を散らし湿を除き、陽気を戻して反動を救うという働きがある。 艾の葉は繊維が多く(66.85%)、水分が少なく(8.98%)、可燃性有機物(窒素有機物、揮発性油を含む)を多く含み、灸の材料として理想的なものです。 よもぎには揮発性油(0.02%)と多数のイオン(カリウム、カルシウム、マグネシウム、アルミニウムなど8.44%)が含まれており、中枢神経を刺激して解熱する効果がある。 よもぎ葉の揮発油には、喘息、咳止め、去痰、抗菌、抗アレルギー作用がある。

2.もぐさの性質と保存方法

もぐさの葉をもぐさ毛にすると、練りやすく形が整い、芳香があり燃えやすく、燃焼の火は穏やかで、浸透力が強く、内臓に深く入り込みます。 効果の幅が広く、価格も安い。 そのため、春秋戦国時代から灸の主な材料としてもぐさが使われ、健康管理に広く利用されている。

新しい艾のビロードは揮発性の油を多く含むため、火が強すぎて落ちやすく、皮膚を焼いてしまうので、艾のビロードは一定期間保存する必要があり、その乾燥性から『孟子』には「病七年、求三年」と記されています。 もぐさ糸は吸水性があり、湿気に弱いので、涼しく乾燥した場所に保管し、カビを防ぐために毎年乾燥する必要があります。