慢性前立腺炎に対する鍼灸治療

慢性前立腺炎に対する電気鍼治療
前立腺炎に対する電気鍼治療の多くは、局所鍼または局所と遠位鍼を併用するもので、遠位鍼よりも局所鍼の方が好ましいとされています。 治療法としては、痛みやしびれ、腫れ、額への放散する痛覚などを重視するものが多いようです。
前立腺炎は、男性の前立腺組織の非特異的感染によって引き起こされる炎症性疾患で、慢性的な病態を示します。 主に中高年の男性に発症する。

前立腺の慢性疾患で、漢方では「淋の病」の範疇に入ります。 “古くは湿熱、腎虚、瘀血が原因と考えられていた。

そのため、このような “忖度 “をしてしまうのです……。

ツボ 1.中医・関元・水道・足三里・三陰交・太衝 2.腎兪・気海兪・小陰陵泉・三陰交・太衝。

操作: 2つのグループを交互に使用します。 関元、中注、中極を1.5~2インチ刺入し、針の感覚を会陰部に伝え、気が得られたら電気パルス治療器を両側の中注、足三里または気海兪、三陰交のツボにそれぞれ接続し、疎密波を使って電流強度は我慢できる範囲で、20分間保持します。 腎陽虚の場合、温鍼で腎陽と関元を1日1回、10回でlコース、コース間は2~3日休ませる。 主な治療法は、慢性細菌性前立腺炎です。

慢性前立腺炎の鍼灸治療 II

ツボ:1.腎兪、中脘、回陽、威中、2.気海、関元、水蜜、三陰交。 随伴点:腎虚、腰痛には、気海兪、志室、大腸兪、陽痰。

早漏には、知茎、陰陵泉、少食、便秘穴、体が重く疲れ、精神疲労には、足三里、中脘、公孫、申門を加えます。

操作方法は,腎兪を2-3寸斜刺で背骨に刺し,捻転して調経する。副骨格と回陽を5-6寸直刺,回陽と魏中を1-I.5寸直刺で針感,いずれも平調で平瀉する。水溝を2-3寸平刺で下半身を平調し,三陰交を1-2寸直刺,気海,関元を2-3寸下方平刺し,捻じれて調経する。 気を得た後、1分間鍼をする。 体幹のツボにはさらに、電気鍼を使用し、我慢できる強さで疎密波を使って治療します。 2つのポイントグループは交互に使用されます。 1回15分、1日2回、30回を1コースとし、コース間にl週間の休みを入れ、合計3コースの治療が必要です。

慢性前立腺炎 鍼灸治療 III

ツボ:秩父宮、三陰交。

針先を55°~60°内側に傾け、ペニスや会陰に感覚を逃がします。 三陰交1-I.5寸、平性強壮・平性下痢5分、保針20分、1日1回、10回で治療経過を見る。 慢性前立腺炎に適している。

慢性前立腺炎 鍼灸治療 IV

主なツボは、小腸兪、膀胱兪、脾兪、骨気、関元、中脘、それに陰陵泉、三陰交、太衝です。 固渋症状には衢骨と外関を、虚証には腎兪と足三里を追加します。

操作プロトコル 固体の証拠のための針を入力した後、下痢方法を使用します。 針の感覚が腰部に送信された後、電気を追加し、20-30分の針を保持するために治療機器の疎と密の波を使用します。 虚証には、平性強壮、平性下痢を用い、温針を加えて30分。 3または4のメインと一致するツボを毎回、交互に、治療のコースのために10日間取る。 主に慢性前立腺炎に使用します。

電気鍼は、主に慢性的な前立腺炎の治療に用いられます。 文献上、電気鍼はこの病気の治療に局所鍼、または局所鍼と遠隔鍼を併用することがほとんどで、局所鍼の方が遠隔鍼より優れているとされています。 治療法としては、前陰に放射状に広がる痛み、しびれ、腫れ、痛覚に重点を置くものが多い。 これらの方法の原理は、局所および隣接するツボの刺激を通じて、前立腺の神経調節機能が強化され、前立腺本体の局所血液循環が改善されて、炎症の吸収が促進され、前立腺管の平滑筋の収縮が促されて、管内で麻痺した炎症分泌物が除去されて、炎症の抑制に資することができることである。

穴が斜め下にあるので、第二に沿って刺すために3〜4インチのミリ針を使用し、会陰筋の収縮を感じることができます。会陰筋の収縮が表示された後、2〜2.5インチ下に刺すために3インチのミリ針で針Huiyangポイントは、疎と密波で、電気刺鍼を接続して、20〜30分間滞在しています。 主に前立腺肥大症の治療薬として、週5回、2週間使用します。 二重威道点をとり、曲骨に向かって2~3センチ針先を刺し、徐々に刺激量を増やした間欠波で、15~30分通電します。 同時に、竹の葉と石膏のスープを加えて内服します。

慢性前立腺炎に対する電気鍼治療
前立腺炎に対する電気鍼治療の多くは、局所鍼または局所と遠位鍼を併用するもので、遠位鍼よりも局所鍼の方が好ましいとされています。 治療法としては、痛みやしびれ、腫れ、額への放散する痛覚などを重視するものが多いようです。
前立腺炎は、男性の前立腺組織の非特異的感染によって引き起こされる炎症性疾患で、慢性的な病態を示します。 主に中高年の男性に発症する。

前立腺の慢性疾患で、漢方では「淋病」の範疇に入ります。 “古くは湿熱、腎虚、瘀血が原因と考えられていた。

そのため、このような “忖度 “をしてしまうのです……。

ツボ 1.中医・関元・道水・蜀山里・三陰交・太衝 2.腎兪・気海兪・小陰陵泉・三陰交・太衝。

操作プロトコル 2つのグループを交互に使用します。 関元、道央、中極を1.5~2インチ刺入し、針の感覚を会陰部に伝え、気が得られたら電気パルス治療器を両側の道央、足三里または気海玉、三陰交のツボにそれぞれ接続し、疎密波を使って電流強度は我慢できる範囲で、20分間保持します。 腎陽虚の場合、温鍼で腎陽と関元を1日1回、10回でlコース、コース間は2~3日休ませる。 主な治療法は、慢性細菌性前立腺炎です。

慢性前立腺炎の鍼灸治療 II

ツボ:1.腎兪、中脘、回陽、威中、2.気海、関元、水蜜、三陰交。 随伴点:腎虚、腰痛には、気海游、志母、大高湯、陽痰、精液放出、早漏には、知茎、陰陵泉、少食、便秘、体が重く疲れ、精神疲労には、足三里、中元、公孫、申門を加えます。

操作プロトコルは,腎兪を2-3寸斜刺で背骨に刺し,捻転して調経する。副骨格と回陽を5-6寸直刺,回陽と魏中を1-I.5寸直刺で針感,いずれも平調で平瀉する。水溝を2-3寸平刺で下半身を平調し,三陰交を1-2寸直刺,気海,関元を2-3寸下方平刺し,捻じれて調経する。 気を得た後、1分間鍼をする。 体幹のツボにはさらに、電気鍼を使用し、我慢できる強さで疎密波を使って治療します。 2つのポイントグループは交互に使用されます。 1回15分、1日2回、30回を1コースとし、コース間にl週間の休みを入れ、合計3コースの治療が必要です。

慢性前立腺炎 鍼灸治療 III

ツボ:秩父宮、三陰交。

針先を55°~60°内側に傾け、ペニスや会陰に感覚を逃がします。 三陰交1-I.5寸、平性強壮・平性下痢5分、保針20分、1日1回、10回で治療経過を見る。 慢性前立腺炎に適している。

慢性前立腺炎 鍼灸治療 IV

主なツボは、小腸兪、膀胱兪、脾兪、骨気、関元、中脘、それに陰陵泉、三陰交、太衝です。 固渋症状には衢骨と外関を、虚証には腎兪と足三里を追加します。

操作プロトコル 固体の証拠のための針を入力した後、下痢方法を使用します。 針の感覚が腰部に送信された後、電気を追加し、20-30分の針を保持するために治療機器の疎と密の波を使用します。 虚証には、平性強壮、平性下痢を用い、温針を加えて30分。 3または4のメインと一致するツボを毎回、交互に、治療のコースのために10日間取る。 主に慢性前立腺炎に使用します。

電気鍼は、主に慢性的な前立腺炎の治療に用いられます。 文献上、電気鍼はこの病気の治療に局所鍼、または局所鍼と遠隔鍼を併用することがほとんどで、局所鍼の方が遠隔鍼より優れているとされています。 治療法としては、前陰に放射状に広がる痛み、しびれ、腫れ、痛覚に重点を置くものが多い。 これらの方法の原理は、局所および隣接するツボの刺激を通じて、前立腺の神経調節機能が強化され、前立腺本体の局所血液循環が改善されて、炎症の吸収が促進され、前立腺管の平滑筋の収縮が促されて、管内で麻痺した炎症分泌物が除去されて、炎症の抑制に資することができることである。

穴が斜め下にあるので、第二に沿って刺すために3〜4インチのミリ針を使用し、会陰筋の収縮を感じることができます。会陰筋の収縮が表示された後、2〜2.5インチ下に刺すために3インチのミリ針で針Huiyangポイントは、疎と密波で、電気刺鍼を接続して、20〜30分間滞在しています。 主に前立腺肥大症の治療薬として、週5回、2週間使用します。 二重威道点をとり、曲骨に向かって2~3センチ針先を刺し、徐々に刺激量を増やした間欠波で、15~30分通電します。 同時に、竹の葉と石膏のスープを加えて内服します。


前立腺炎に対する電気鍼治療の多くは、局所鍼または局所と遠位鍼を併用するもので、遠位鍼よりも局所鍼の方が好ましいとされています。 治療法としては、痛みやしびれ、腫れ、額への放散する痛覚などを重視するものが多いようです。
前立腺炎は、男性の前立腺組織の非特異的感染によって引き起こされる炎症性疾患で、慢性的な病態を示します。 主に中高年の男性に発症する。

前立腺の慢性疾患で、漢方では「淋病」の範疇に入ります。 “古くは湿熱、腎虚、瘀血が原因と考えられていた。

そのため、このような “忖度 “をしてしまうのです……。

ツボ 1.中医・関元・道水・蜀山里・三陰交・太衝 2.腎兪・気海兪・小陰陵泉・三陰交・太衝。

操作プロトコル 2つのグループを交互に使用します。 関元、道央、中極を1.5~2インチ刺入し、針の感覚を会陰部に伝え、気が得られたら電気パルス治療器を両側の道央、足三里または気海玉、三陰交のツボにそれぞれ接続し、疎密波を使って電流強度は我慢できる範囲で、20分間保持します。 腎陽虚の場合、温鍼で腎陽と関元を1日1回、10回でlコース、コース間は2~3日休ませる。 主な治療法は、慢性細菌性前立腺炎です。

慢性前立腺炎の鍼灸治療 II

ツボ:1.腎兪、中脘、回陽、威中、2.気海、関元、水蜜、三陰交。 随伴点:腎虚、腰痛には、気海游、志母、大高湯、陽痰、精液放出、早漏には、知茎、陰陵泉、少食、便秘、体が重く疲れ、精神疲労には、足三里、中元、公孫、申門を加えます。

操作プロトコルは,腎兪を2-3寸斜刺で背骨に刺し,捻転して調経する。副骨格と回陽を5-6寸直刺,回陽と魏中を1-I.5寸直刺で針感,いずれも平調で平瀉する。水溝を2-3寸平刺で下半身を平調し,三陰交を1-2寸直刺,気海,関元を2-3寸下方平刺し,捻じれて調経する。 気を得た後、1分間鍼をする。 体幹のツボにはさらに、電気鍼を使用し、我慢できる強さで疎密波を使って治療します。 2つのポイントグループは交互に使用されます。 1回15分、1日2回、30回を1コースとし、コース間にl週間の休みを入れ、合計3コースの治療が必要です。

慢性前立腺炎 鍼灸治療 III

ツボ:秩父宮、三陰交。

針先を55°~60°内側に傾け、ペニスや会陰に感覚を逃がします。 三陰交1-I.5寸、平性強壮・平性下痢5分、保針20分、1日1回、10回で治療経過を見る。 慢性前立腺炎に適している。

慢性前立腺炎 鍼灸治療 IV

主なツボは、小腸兪、膀胱兪、脾兪、骨気、関元、中脘、それに陰陵泉、三陰交、太衝です。 固渋症状には衢骨と外関を、虚証には腎兪と足三里を追加します。

操作プロトコル 固体の証拠のための針を入力した後、下痢方法を使用します。 針の感覚が腰部に送信された後、電気を追加し、20-30分の針を保持するために治療機器の疎と密の波を使用します。 虚証には、平性強壮、平性下痢を用い、温針を加えて30分。 3または4のメインと一致するツボを毎回、交互に、治療のコースのために10日間取る。 主に慢性前立腺炎に使用します。

電気鍼は、主に慢性的な前立腺炎の治療に用いられます。 文献上、電気鍼はこの病気の治療に局所鍼、または局所鍼と遠隔鍼を併用することがほとんどで、局所鍼の方が遠隔鍼より優れているとされています。 治療法としては、前陰に放射状に広がる痛み、しびれ、腫れ、痛覚に重点を置くものが多い。 これらの方法の原理は、局所および隣接するツボの刺激を通じて、前立腺の神経調節機能が強化され、前立腺本体の局所血液循環が改善されて、炎症の吸収が促進され、前立腺管の平滑筋の収縮が促されて、管内で麻痺した炎症分泌物が除去されて、炎症の抑制に資することができることである。

穴が斜め下にあるので、第二に沿って刺すために3〜4インチのミリ針を使用し、会陰筋の収縮を感じることができます。会陰筋の収縮が表示された後、2〜2.5インチ下に刺すために3インチのミリ針で針Huiyangポイントは、疎と密波で、電気刺鍼を接続して、20〜30分間滞在しています。 主に前立腺肥大症の治療薬として、週5回、2週間使用します。 二重威道点をとり、曲骨に向かって2~3センチ針先を刺し、徐々に刺激量を増やした間欠波で、15~30分通電します。 同時に、竹の葉と石膏のスープを加えて内服します。