中国(漢方)鍼灸の紹介

鍼灸・別名ニードルセラピーと命名しましょう。


使い捨ての皮下注射針(皮下鍼といいます)を使用し、主に痛みを伴う疾患に対して、表皮下を刺して治療する新しい鍼治療方法です。
使い捨ての皮下鍼(略して皮下鍼と呼ぶ)を使用し、主に痛みを伴う疾患に対して、皮下表層を刺して治療する新しい鍼治療方法です。

ニードルセラピーの理論的根拠

伝統的な鍼灸治療と現代の手首・足首の鍼灸治療をベースに、黄帝内経の伝統から派生したものですが、それにとらわれないものです。

黄帝内経』-官鍼では、五鍼、九鍼、十二鍼が紹介されており、その中には、浮鍼、毛鍼、直鍼(皮膚を導き刺す、寒冷で浅いのを治療するなど)、その他皮膚に浅く刺すものがあります。 鍼のセットはフローティング・プリッキングと同じで、皮下浅筋膜層を刺入します。

鍼灸の運用上の特徴

鍼灸の主な運用上の特徴は以下の通りです。

痛む箇所に針を刺すのではなく、その周囲に針を刺します

針の進入点は病巣に局所的ではなく、痛点から遠く離れた場所や経絡皮下進入針に沿ったツボ周辺(針先は痛点に合わせますが病気には刺しません、痛点からわずか2~3cm、5~6cm、あるいはもっと遠く)、ターゲットとして痛点のみ(ターゲットポイント)です。

海外で痛みの治療に使われている「筋膜リリース」の施術も、痛いところを触らず、両手の親指で痛いところの周りやトリガーポイントの左右を深く圧迫し、筋繊維の分布に沿って筋肉の末端に向かって外側にマッサージしていくものです。

表在性皮下ブロック

鍼のセットは、「黄帝内経-霊枢-関帝」章の「導引刺入」(皮膚に沿って表面的に刺入する)法を基本に、皮下組織、主に皮膚の下の緩い結合組織、表皮、真皮、表層筋膜層のみを対象としています。

黄帝内経』や現代の鍼灸の教科書には、直刺、斜刺、沿皮刺の方法が明確に記されています。 また、皮内針やスキンニードルなど、皮膚だけを刺激する表面的な針治療法もあります。 筋肉層への浸透を必要としないこれらの針治療法や道具は、病気の治療に非常に効果的なのです。

Qi(気)の取得は必須ではありません

経絡理論に基づき、経穴の数が少なく、取り扱いが簡単で、ミリ針で皮下表層に刺すことで迅速かつ確実に効果が得られることが特徴である。 気の取得を必要としない治療法です。 いわゆる「無気」は、実は「暗黙の経絡感知現象」(この言葉は1970年代に中国で全国経絡現象調査時に導入された)で、針刺しそのものは感知しているが、針先が浅いため 針先が皮膚に刺さった後の感覚がはっきりしない、あるいは明らかな「感覚伝達線」がない。 この刺激情報は、針を刺しても経絡に沿って病変部位に導かれ、治療効果を発揮することができるのです。 上海虹口区中央医院の主治医である盛山文医師は、鍼灸治療のセットの前身である手首足首鍼についてコメントする際に、「いわゆる無針感は、ごくわずかな刺激にすぎない……皮下平刺は基本的に無感覚だが、刺激がないというのとは違う」と述べています。 皮膚の下に刺し、1.5センチほど針を入れ(ただし針は振る)、そのままにしておくと、体に持続的な軽い刺激を与えることができます。 この刺激によって、体内の生理的な活動が促進されるのです。 感覚がないということは、気が得られないということではなく、気が得られることが針の感覚によって現れないというだけである。”

特殊な針技

弧を描くように揺れる動作は、セットの針治療の中でも特別なものであり、その効果を発揮する重要な要素となっています。 伝統的な鍼法である持ち上げたり、ひねったり、他の単体・複合の補法・発汗法とは異なるが、古来からある針を振り、緑龍の尾を振る鍼法と同じである。

針の保持時間が長い

無毒のソフトカニューレを使用することで、針を長時間留置することができます。 患者さんは針の存在に違和感を感じないし、気づかないので、心理的な圧迫感や障害もありません。

安全で副作用がない

医療機器にとって、安全性は第一の条件であり、基準である。 薬の副作用がないだけでなく、針は皮膚の下の緩い結合組織にしか刺さないので、内臓はもちろん、太い神経や血管も傷つけません。 先生も操作しやすいし、患者さんも喜んで受け入れてくれる。 また、従来の鍼治療による滞留鍼、曲がった鍼、折れた鍼も存在しなくなりました。 過去20年間の国内外でのトレーニングと応用の中で、事故は1件もありません。

鍼灸治療の作用機序について

肌の理論に裏打ちされた

鍼灸の作用機序を中医学の皮膚科学的理論との関連で考察しています。

お灸、ホットアイロン、薬用湿布、薬用燻蒸、カッピングなどの伝統的な治療法も、温熱で皮膚を刺激することで効果を発揮します。 後の皮膚針療法、皮内針療法、刺絡療法、切絡療法、そして現代の磁気点治療、手首足首鍼、針療法、レーザー点照射、紫外線療法などは、すべて真皮治癒のメカニズムに基づいているのである。

12の経絡の関与

黄帝内経-素問-真皮論に “真皮を知るには、経絡を年代記とせよ “とあります。 経絡を歳時記とする」とは、経絡をプラットフォームとすることを意味します。 真皮は経絡を基本として、そこに鍼を打つわけですから、狙うにしても、移動させるにしても、12本の経絡を避けて通ることは不可能です。

片頭痛や頚椎症の治療では、頚椎3~4番の上方への刺激に加えて、遠位端に上肢の外側前縁や体の中央部にある刺激点を併用することが多いようです。 上肢の外側前縁または中央部」というのは、実は「手陽明大腸経」や「手少陽三焦経」が循環している部分なのです。

季肋部痛の治療では、肋間に沿った背骨の局所刺激に加えて、遠位端に上肢または下肢の外側中央部の刺激点を組み合わせることが多いが、実はこの部分は手少陽三焦経や足少陽胆経が循環している部分である。

坐骨神経痛を伴う腰痛の治療では、疼痛部位の局所刺激に加えて、遠位端に下肢後縁や下肢外側正中部の刺激点を併用することが多いが、これは実は足太陽膀胱経や足少陽胆経が循環している部位である。

12の経絡と腱をつなぐ

十二経絡と腱は、十二経絡の気が腱、肉、骨、関節に集まるシステムです。 鍼は、12経絡から切り離すことができない皮下の緩い結合組織と表在性筋膜層に当てます。

霊枢・経脈の章では、「痛みをツボとする」という原則と、腱の病気を治療するためのツボの選定を提案しています。 痛みをツボとする」というのは、病変部の位置を示すもので、局所のツボも含まれます。また、痛みのツボの左右、前後の上下の対称のツボなど、痛みのツボを基準にツボを取るという意味合いもあります。

痛点との対称的な取穴は、黄帝内経の誤刺法、巨刺法に戻るべきであり、経穴の上下、前後の対応は、「病が上にあるときは下の方を、病が下にあるときは上の方を取る」という伝統的な鍼灸治療と切り離せないものであります。

これらはすべて、一連の鍼灸法において、痛点の上下にある入口を選択するための基礎となるものである。 経絡の組織構造、病態反応と治療原理、経穴の選択など、いずれも圧痛点を見つけ、入口を決め、皮下筋膜を浅く刺すという一連の鍼灸治療と密接に関係しています。

鍼灸治療で確認されるツボ、トリガーポイント、引き金となる点は、「筋膜性疼痛点」とも呼ばれ、皮下軟組織にある、押されると痛みを感じる目に見える触知できる点であり、中国鍼灸でいう「腱孔」とは異なり、局所または全身に痛みや違和感を与えるものです。 腱経病巣」(筋筋膜、結合組織などに存在する病的な反応点)は非常によく似ています。

セット針療法の前身である手首足首の鍼について、上海市虹口区中央病院主治医の盛山文医師は、「中西医結合の指針のもと、経絡理論とさらに結合すれば、手首足首の鍼はさらに発展するでしょう」とコメントしています。” これは、鍼灸の使用にも言えることです。 そして、オーバーニードル療法の作用機序を説明するのにも役立ちます。 この一節は、手首足首鍼の学術的リーダーである上海第二軍医大学の張新秀教授も著書『実践手首足首鍼』で引用しており、事実から真実を求める医療専門家としての科学的態度が表れている。

A-Yiポイントの役割

阿是穴とは、鍼灸のツボの分類の一つです。 いわゆるAh Yesポイントも、実は場所が決まっておらず、ツボ名も確立されておらず、14本の経絡に組み込まれていないツボで、ツボ、アレルギーポイント、しびれポイント、結節、筋などの病的反応を主なターゲットとしています。

阿是穴は漢方医学の「腱窩」に似ており、鍼灸の現代臨床診断の対象にもなっている。 局所または遠位の刺絡点が経絡上の点でない場合、実は鍼灸理論の「阿是穴」の応用である。

部分的なツボ調整

遠位端は、痛む部分の局所刺激に加えて、上肢側では外関点、内関点など、下肢側では風市点、陽陵泉などの刺激点を併用することが多い。 さらに、従来の鍼灸のツボと高い一致度を持つツボやトリガーポイントも数多く存在します。

セット鍼灸による多くの病気の治療では、歯痛には足の陽明胃経の頬車点、手の陽明大腸経の巨骨点、頚椎症、五十肩、首肩症候群などには足の少陽胆経の肩井点など、伝統的なツボが入り口としてよく使われます。

シェイキングニードルテクニックの使用

揺動法」は、黄帝内経-霊枢-関能の “ツボを揺らす “に由来しています。 金・元時代には、杜漢清の『鍼灸指南』に鍼を打つ14の方法の一つとして、明時代には楊継周が『鍼灸大成』の中で下鍼8法の一つとして「振戦法」を挙げている。 王記は偉大な鍼灸師で、「鍼灸問答」の中で次のように述べている:「振、どこにポイントから撤退針は、振って、外にする必要があります。 緑龍振尾』も振る方法を使うので、”振って気を動かす “と言われています」。

揺らし方は「まっすぐ揺らす」「寝かせて揺らす」の2種類に分けられます。 まっすぐな振動方法は針のハンドルを左右に揺する針ボディまっすぐな刺すこと、針の感覚を増強できますです; 「横たわる振動」方法は針のハンドルを握る subcutaneous 刺す針に沿って、針の左右の振動、状態の「頭蓋を揺することのような、伝導の特定の方向への針の役割を促進するためにqi を動かすことができますあります。

鍼灸治療の「振法」は、気を動かす効果があり、この気の力は、ちょうど魚が水中で尾を振って前に泳ぐように、あるいは船が水中で艪を振って前に進むように、針先が指す痛みの部分(ツボ、トリガーポイント)に作用して、経絡・経穴を流し、気血を動かし、むくみをとり、痛みをとる治療効果を奏することができるのだそうです。

一組の鍼のいわゆる “振り “は、気を動かす効果があるため、手術では次のように強調します。”鍼を刺す場所は病変部と同じ側の関節でなければならない、そうでなければ治療効果に影響を与える”。 このこと自体、いわゆる針の「振り」が「気」を動かす効果があることを示しています。

針治療は伝統的な鍼治療をベースにしています

結論として、鍼灸は中国伝統医学と関係がないのではなく、切っても切れない関係にあるのです。 その理由は明白で単純である。第一に、セット針療法はもともと黄帝内経の「浮鍼法」に由来し、第二に、手首・足首の鍼も伝統鍼灸に由来する。第三に、セット針療法は手首・足首の鍼をベースに発展し、すべての変化がその根を離れない、三分岐、三世代の鍼灸の源とも言うことが出来るのだ。 定針療法の理論的基礎にせよ、定針療法の臨床にせよ、伝統的な鍼灸療法の理論体系と実践から脱却していない。

黄帝内経と伝統的な鍼灸をベースに開発された鍼灸法で、中国伝統医学や鍼灸と密接に関連し、切っても切れない関係にあり、伝統的な鍼灸をベースにした革新的な方法である。 一組の鍼を主に皮下の経絡の方向に沿って刺し、鍼の先を病気の場所に向け、振り技の後、鍼をそのままにして、皮膚の経絡を活性化させ、気血の流れを刺激・促進させます。 この過程は、身体の気血を常に連絡し、強化し、陰と魏の循環を整然と走らせ、経絡の詰まりを取り除き、血行を活性化して瘀血を解消し、血行を促進して病巣や炎症の吸収を促進し、鎮痛と抗炎症を実現し、病巣組織の修復、新陳代謝の促進、気血の偏りの矯正、最終的には身体のあらゆる部分のバランスと調和を取って病気を治癒させるのです。

現在、多機能皮下カニューレ鍼は幅広い発展の見込みがあります。 私たちの責任と課題は、カニューレ鍼療法を継承し、「痛みをツボとしない」問題や「気を得る」ことを必要としない問題など、関連するメカニズムの一部を深く研究し、適用範囲をさらに広げ、適応の有効性を向上させ、長期的に定着させることです。 適応症のさらなる拡大、適応症の有効性の向上、長期的な有効性の定着が課題です。