老眼のための鍼灸

老眼のための鍼灸
老眼のための目の鍼灸の主なポイントは次のとおりです:甘粛、神州、太中、広明、丘後。
老眼は、加齢に伴う水晶体の生理的調節の低下により近方視力喪失が起こる現象であり、一般に老眼として知られています。老眼は、40〜45歳以降に発生する生理的老化現象であり、年齢、体格、性別、仕事の性質、目の屈折状態に関連しています。

年齢とともに、レンズは徐々に硬化し、弾力性と可塑性を失います。毛様体筋の収縮力も徐々に弱まり、眼の調節力が徐々に弱まり、近点が徐々に眼から遠ざかり、老眼の現象が起こります。

老眼の目は、遠方の平行光にうまく適応して網膜に焦点を合わせることができますが、近くの物体から放射される放射光の場合、調整効果に頼って網膜に画像を形成することは不可能であるため、短距離作業が発生します。

老眼の視覚障害は主にかすみ目です。最初は小さなフォントが読みづらいです。はっきりと見えるように、無意識のうちに本を遠ざけ、頭を後ろに傾けます。関節機能が限界に近づくと、調整疲労が起こり、主に頭痛、めまい、目の腫れ、かゆみ、その他の視覚的疲労の症状として現れます。

老年期や体調不良では、肝や腎のエッセンスが徐々に低下したり、目が疲れたり、陰や血が流れたり、陰のエッセンスが不足したり、陽が合わなくなったりします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA